ブログ引っ越しのお知らせ

たいして更新もしていない半ば放置に近いのに今更ではありますが、
あまりにも編集しづらく、記事の更新もおっくうになってしまって 
いました長年愛用のエキサイトブログから引っ越しする事にしました。

●新ブログアドレス
http://tryarts.xsrv.jp/elcamino/

# by tryarts | 2017-05-13 23:59 | DRAG RACE | Comments(0)

キャットウォ〜ク♪

今まで自由に家と外を行き来していた愛猫。訳あってちょっと前から完全室内飼いに。
ところが、急にせまい家の中での生活を強いられたせいか、今まで入らなかった部屋や乗らなかった高い場所など家の中でのパトロール範囲が一気に拡がることに。それはそれでなんか猫らしくなったなーなんて思っていたのですが、特にテレビの上のカーテンボックスの上には1/18scaleのミニカーをはじめ色々なオブジェが鎮座していて、それが万一落下すると、すぐ下にはテレビがあるのでちょっと危険ということで対策することに。
f0004878_21483691.jpg
そもそも、カーテンボックスの上はモノを置く様な構造にはなっておらず、そのため金具やら突起物も多く、モノを飾るにも少々
不便なため、ずっと対策したいなーと思っていたのであります。思い立ったら吉日とばかり、構想10年、施工1時間、重い腰を上げることに。とりあえず、カーテンボックス上部の取り付け金具をかわす様にスペーサー代わりの板を貼り、側面の見えるところだけ染色。
f0004878_21483493.jpg
その上に、300mm幅の棚板を貼り完成です。棚板はちょっと奮発してヴィンテージ足場板風のものをチョイス。カーテンボックスの幅が2,000mmと1枚板が調達できず、しかたないので910mmの板2枚の真ん中に180mmの板を継ぎ足してなんとかクリア。
f0004878_21483808.jpg
意外に違和感なく仕上がったのであります。
f0004878_23084491.jpg
f0004878_21484019.jpg
f0004878_23184100.jpg
飾ったモノが落下する危険は回避できたのですが、元々より約120mm張り出させたせいか、そのままキャットウォークになってしまいました。
f0004878_23173092.jpg
まあでも本人も嬉しそうなので良しとするかと思う今日この頃なのであります。



# by tryarts | 2017-04-23 23:25 | OTHERS | Comments(0)

GO! LAS VEGAS vol.4 〜 Last day 〜

忙しくて随分間が空いてしまいましたが忘れた頃にまさかのブログ更新(笑)
f0004878_21592201.jpg
ラスベガス4日目、早くも最終日(T_T)
f0004878_22011101.jpg
この日は徒歩&トラムを利用して、メインストリップを徘徊。
f0004878_21592866.jpg
f0004878_21593632.jpg
f0004878_21594177.jpg
f0004878_22020634.jpg
f0004878_22020311.jpg
f0004878_22021231.jpg
エクスカリバー。なんだか古いラブホテルみたいにみえて仕方がないのですが、恐らく日本人がこれをパクったラブホテルを建てたというのが正解かも。
f0004878_22131199.jpg
マンダレイベイに到着しました。
f0004878_22133569.jpg
f0004878_22133739.jpg
f0004878_22134084.jpg
マンダレイベイの中にあるシャークリーフという水族館に来ました。
f0004878_22134279.jpg
渡航1ヶ月ほど前に知ってひたすらやりまくったMyvegasのリワードを利用してチケットGETしたのでお得に鑑賞できるのであります。
f0004878_22134511.jpg
遺跡風のエントランスをすすみ、入場。
f0004878_22140331.jpg
f0004878_22141154.jpg
f0004878_22140628.jpg
f0004878_22141339.jpg
沈没船の中から海底を見学する様なシチュエーションでしょうか。
f0004878_22141502.jpg
サメ好きなボクの目当てはトーゼンサメだった訳ですが、ちっちゃ〜いサメが数匹いただけで全然期待はずれ^^;まあでも、ホテルの付帯水族館と考えれば規模もそこそこでしょうか。

続いて、突然シーンは変わりますが、サーカスサーカスの室内遊園地アドベンチャードームへ。
f0004878_22142344.jpg
f0004878_22145610.jpg
f0004878_22142061.jpg
この日は平日だったせいか、人もまばらでアトラクションも稼働しているのかしていないのかわからないものもあったりで、貸し切りを通り越してなんだか寂しい感じ。
f0004878_22141811.jpg
でも、ホテルの中は古いものの、いい意味でレトロ感いっぱい。変態にはサイコーのロケーションでした。カジノもベラッジオのカジノなんかと比べると時間が止まっているかのような雰囲気で、自分は嫌いじゃない感じでした。
でも、ちょっとメインストリップの端っこすぎるんですよねー。
f0004878_22145937.jpg
f0004878_22150296.jpg
一通り徘徊後、タクシーに乗り込み、本日のメインイベント。ダウンタウン地区へ。
ラスベガスのタクシーはiPodで好きな音楽を大音量で聞きながら運転する様なフリーダムなドライバーさんが多いですね。自家用車を少し改造してタクシーにして営業している様な雰囲気です。
f0004878_22150553.jpg
ダウンタウン地区のフリーモントストリートに到着。
誰もがテレビや映画で一度は目にしたことがあるであろう有名な看板やネオンがいっぱいです。
f0004878_22150756.jpg

f0004878_22151957.jpg
f0004878_22152223.jpg
f0004878_22152786.jpg
f0004878_22152575.jpg
f0004878_22153119.jpg
f0004878_22154214.jpg
f0004878_22154460.jpg
f0004878_22154754.jpg
f0004878_22155180.jpg
f0004878_22155409.jpg
ウロウロしているうちに程よく日が暮れてきました。
f0004878_22161071.jpg
フリーモントストリートのあるダウンタウン地区はメインストリップと比べると治安があまり良くない様に感じられますが、近代的になってしまっている昨今のメインストリップより、良くも悪くもラスベガスらしさが残っている様に感じられます。
f0004878_22163194.jpg
f0004878_22162911.jpg
カジノのジャックポットの賞品かな?
f0004878_22163346.jpg
f0004878_22164454.jpg



念願のフリーモントストリートエクスペリエンス。昔、観たときはすべて電球でしたが、2003年頃からすべてLEDに置き換わった様です。それによりかなり細かい描写が可能となったそうですが、昔の電球の時の方がよかったというのが本音。時代の流れで仕方がないのでしょうねー。
f0004878_22164799.jpg
そんなわけでそろそろ帰りのフライトの時間が近づいて来たので、空港へ向かいます。
f0004878_22164909.jpg
マッカラン空港へ到着。
f0004878_22165257.jpg
トラムで空港内を移動。心なしかテンション低め?帰りたくないのでしょうな(笑)
f0004878_22165449.jpg
フライトまで時間がかなりあるので空港内のお土産屋さんやスロットマシーンで遊んだりしながら時間を潰します。チビは相変わらず食べてばかり(笑)

ところが、ここでアクシデント発生。

帰りはラスベガス→ミネアポリス→デトロイト→セントレアのルートなんですが、
深夜12:50フライトのミネアポリス行きに乗るため手続きをしていると、次のミネアポリス→デトロイト行きの便のトランジットが43分しか無いところにいきなり30分のディレイ発生。職員に問い合わせるもstill OK! still OK!を繰り返すばかりですが、表情からは明らかに少し動揺している感じ。その後、デルタのアプリで監視していると当初30分のディレイはその後みるみると延び、結局2:00のフライトに。ここまで来ると絶対に乗り換えに間に合わないため再度交渉すると急遽、別の便のチケットを発券してもらうことが出来、ギリギリではあったものの無事デトロイト→セントレアの便に搭乗することが出来ました(^^)

f0004878_22173933.jpg
もちろん帰りもがっつり呑んで食べて映画鑑賞。

f0004878_22174424.jpg
映画はめちゃめちゃたくさんあって何を観るか迷うほどです。Eddie The Eagle エディー・ザ・イーグルという映画を見て夫婦揃って大号泣してしまったのはここだけの話です(笑)
f0004878_22174262.jpg
帰りのミッドフライトスナックサービスはピザとMAGNUMのチョコレートアイスバー。
f0004878_22174641.jpg
最後の食事は焼きそばをチョイス。なかなかおいしかったです。
f0004878_22273312.jpg

というわけで若干不安はあったものの無事に帰宅。心配だった愛猫もご近所の皆さんに世話をしていただいたおかげで元気でした。でもよほど寂しかったので珍しくスリスリ〜甘えモード全開(笑)。さっそくシャワータイムです。

今回、慣れない海外へツアーも利用せずに行ったので中々不安ではありましたが、楽しい旅になりました。
次はもう少し、長めのスケジュールで行きたいと思う今日このごろなのであります。


# by tryarts | 2016-11-10 00:08 | TOUR | Comments(0)

GO! LAS VEGAS vol.3 〜SELIGMAN〜

ラスベガスも気づいたら3日目。
f0004878_22584658.jpg
この日は朝からラスベガスを離れ、アリゾナ州セリグマンまで郊外を旅をすることに。
f0004878_23434060.jpg
束の間の相棒バンブルビーとご対面。
f0004878_23410235.jpg

f0004878_23434235.jpg
うーん。自分の好きなマッスルカーとはちょっと違うなー。ホントは自分のエルカミで走りたいけどこればっかりはしょうがありません。
f0004878_23410267.jpg
ともあれ、セリグマンにGO!です。
f0004878_23410709.jpg
f0004878_23410636.jpg
f0004878_23410576.jpg
少し走るとみるみるうちに街から郊外らしい景色に。
f0004878_23410303.jpg
f0004878_23410878.jpg
ちょっと走るともうこんな感じ。映画でしか見たことがなかった不毛な風景が延々と続きます。
f0004878_23411046.jpg
f0004878_23050675.jpg
途中ブラジル系の家族らしき方々が営む中古車屋さんらしきお店で無理を言ってトイレを借りたり。。。どんな人達かも解らず不安でしたが笑顔でOKといってわざわざ仮設トイレの鍵を開けて使わせていただきました。手厚くお礼を言うととても気さくな笑顔でBye!となんと気持ち良いファミリーでした。
f0004878_23410947.jpg
先に見える湖は観光名所のフーバー・ダム。今回は時間の関係で寄れませんでしたが、次回は是非行ってみたいです。
f0004878_23111931.jpg
f0004878_23113917.jpg
制限速度は75mileと日本の高速道路より速いです。本当ならキングマンからセリグマンまでROUTE66を走りたいところでしたが、時間の都合で今回はROUTE40を利用。
f0004878_00022823.jpg
走ること約3時間。ついにセリグマンに到着です。
f0004878_23434323.jpg
f0004878_23434654.jpg
f0004878_00015518.jpg
f0004878_00020176.jpg
f0004878_23434490.jpg
f0004878_00020650.jpg

f0004878_23434771.jpg
ちょうどお昼だったのでまずは腹ごしらえ。ダイニングらしきお店は数件ありましたが、その中でもなんとなく気になったROADKILL66CAFEへ。
f0004878_23434935.jpg
f0004878_23435187.jpg
オーダーすると、まずはふわふわの焼きたてパンが運ばれてきました。びっくりするほど激ウマ。
f0004878_23435018.jpg
f0004878_23284191.jpg
料理が来るまでしばし談笑。

f0004878_23435305.jpg
リブアイステーキは焼き加減がかなり細かく設定されていてミディアムレアでオーダーしたところ、抜群の焼き加減。
だれだアメリカの肉は固くてまずいっていったのは!めちゃ柔らかくて旨いじゃねーか(笑)
f0004878_23301843.jpg
かみさんはフライドチキンをオーダー。ちょっと量は多過ぎですが、POPEYEの激マズフライドチキンとは別物!同じアメリカでも随分違います。
f0004878_23291030.jpg
お腹もいっぱいになったのでいよいよセリグマンのお土産店めぐりです。

f0004878_23430006.jpg
f0004878_23425968.jpg
ROUTE66にちなんだグッズを扱うショップがいくつもあります。中にはMADE IN U.S.Aにこだわった商品のみを扱うお店もある様です。
f0004878_23423645.jpg
f0004878_23292359.jpg

f0004878_23283595.jpg
f0004878_00024047.jpg
f0004878_00295982.jpg


f0004878_23443909.jpg
どこかでみた様なクルマもありました。
f0004878_23444458.jpg
どこを切り取っても絵になる風景ばかり。
f0004878_23444286.jpg
日本では絶対に見ることが出来ないであろう雲一つない濃いブルーの空の色。この空の色だからこそピンクやパープル、オレンジやイエローなど派手な色のマッスルカーが違和感なく似合うんだと思いました。日本の空の下では色が違って見えると言っていた人がいましたが、その意味がわかった気がします。
f0004878_23444691.jpg
古き良きアメリカ。時間がとまっているかの様です。
f0004878_23444704.jpg
f0004878_23444583.jpg
f0004878_23444006.jpg
f0004878_23443852.jpg
f0004878_23444849.jpg
f0004878_00415768.jpg
f0004878_00383189.jpg
給油をしてラスベガスに戻ります。
f0004878_23430238.jpg
帰りはカミさんのドライブで、自分は若干寝不足気味だったので道中、しばし仮眠。
f0004878_23430309.jpg
f0004878_23430260.jpg
ボートをトーイングしているクルマやかなり大きめのキャンピングカーの多いこと。文化の違いを感じずにはいられません。
f0004878_23430498.jpg

f0004878_00452012.jpg
帰りの道中、Kmartなど立ち寄りつつのんびり戻ります。
f0004878_00471895.jpg
f0004878_00493535.jpg
大好きなROLLING ROCKをついに発見。以前は日本でも買えたのですが代理店がやめてしまってからは入手出来なくなってかれこれ10年以上でしょうか。ちなみにラスベガスでもまったく見かけませんでした。なんとか1ケース日本に持ち帰りたかったのですが、荷物が多いので泣く泣く断念。
f0004878_00471393.jpg
かわりに気になったドリンクを購入。アメリカのドリンクはどれも見た目が惹かれるデザインのものが多いです。
f0004878_00452793.jpg
トラック系は結構旧車も多いです。古いマッスルカーは途中で1台72マリブとすれ違ったぐらいでこっちでも滅多に走っていないようです。
f0004878_00544909.jpg
さらにパーツショップなども寄り道しつつ、往復約350mile走破。ラスベガスに戻りました。
f0004878_23424337.jpg
いったんホテルに戻り仕切り直してから今夜のショー、Blue man Groupを観るためルクソールへ向かいます。
f0004878_01035445.jpg
バンブルビーにも最後の給油を行い返却の準備。なかなかいいマシンでした。
f0004878_01035801.jpg
f0004878_01150934.jpg
ルクソールに到着。
f0004878_01105030.jpg
f0004878_01133525.jpg
f0004878_01105688.jpg
f0004878_23450307.jpg
f0004878_01075118.jpg
お客さん同士の一体感がスゴイ!
f0004878_23450428.jpg
六本木のショウ以来7年ぶりのブルーマンはやっぱりサイコーでした。
f0004878_01161572.jpg
ベラージオに戻ると、エルカミ発見!
f0004878_01173003.jpg
ショーも終わりもう深夜ですが、徒歩で夕食へ。
f0004878_01185136.jpg
f0004878_01184393.jpg
夕食はFAT BURGER。なんというネーミングww
f0004878_01184110.jpg
f0004878_01184214.jpg
すごく旨かったのできっと相当ハイカロリーなのでしょう。Vol.4に続く。。。



# by tryarts | 2016-09-30 01:21 | TOUR | Comments(0)

GO! LAS VEGAS vol.2

ちょっと寝すぎてハウスキーパーの方が侵入、びっくりして飛び起きるところからの二日目です。
f0004878_22114528.jpg
昨夜遅かったせいか、時差のせいなのかわかりませんが、慌てて準備をしてGO!
f0004878_22114792.jpg
ベラジオの中をしばし徘徊。それにしても広いです。常に自分が何処にいるかを確認しながらじゃないとなれないうちは迷うほど広大な敷地。
f0004878_22114681.jpg
f0004878_22115072.jpg
日中は気温も高くまだまだ気持ちよく泳げる程暑いですが、湿気が少ないので体感的にはあまり不快ではありません。
f0004878_22114979.jpg
f0004878_22115200.jpg
天井から本物のチョコレートが流れるディスプレイ。
f0004878_22115144.jpg
f0004878_22115416.jpg
今日は夕方までメインストリップをブラブラ。
f0004878_22115342.jpg
f0004878_22134533.jpg
f0004878_22135911.jpg

f0004878_22142667.jpg
Harley-Davidson Café 行きたかったのですが、意外に夜は早めに閉まるので行けませんでした(T_T)
f0004878_22143297.jpg
ランチはDenny'sへ。デニーズとはいっても日本のそれとは似て非なるもの。完全なダイナーです。
f0004878_22144264.jpg
f0004878_22150856.jpg
続いてm&m’s worldへ。
有名なマシンも展示してありました。
f0004878_22151175.jpg
f0004878_22160472.jpg
ディスペンサーで量り売り。ここに来るとなんだか買わないと行けないような気持ちになっちゃいます。
f0004878_22171717.jpg
f0004878_22402294.jpg
おとなりのEverything Coca-Cola Storeももちろん行きました。もっとあちこち行くつもりが時間がおしてしまいホテルに戻ることに。
f0004878_22195320.jpg
一旦仕切り直して。。。
f0004878_22202412.jpg
いよいよ、念願の「O」オーです。
f0004878_22202596.jpg
あらかじめ日本でネット予約しようとしたところ、「ホテルに直接電話で予約すればベラジオ宿泊客は優先的にいい席を選べるみたいよ。」というカミさんのゾッとするひとこと。はい、わかりましたw電話します!わざわざ日本からベラジオに国際電話で直談判した甲斐あって、本来ハイローラー向けに確保しているど真ん中の前から6列目という抜群に良いシートで鑑賞することが出来ました!
f0004878_22202914.jpg
ショーの余韻をそのままに、ディナーはベラジオのバフェ。目の前で切り分けてもらえるプライムリブやカニを山ほど平らげました。
f0004878_22205785.jpg
一応カジノもちょっとだけ楽しみましたよ。
f0004878_22210764.jpg
時間がもったいなくてホテルの部屋で過ごす時間は本当に少ないです。
vol.3に続く。



# by tryarts | 2016-09-27 22:57 | TOUR | Comments(0)